Funded! This project was successfully funded on July 11, 2012.

Photo-main
Play
00:00
00:00

Documentary about a taiko drum group from Fukushima, Japan, evacuated from their community due to radiation from failed nuclear plant.

Yamakiya Taiko Club - Ganbatte!
Yamakiya Taiko Club - Ganbatte!

Don Doko Don: The Yamakiya Taiko Club Story follows an award winning Japanese Taiko Drum Troop – comprised entirely of kids, teens and 20-year-olds – living in Yamakiya, a small town near the failed Fukushima nuclear power plant.  The group is forced to flee their homes and beloved mountain community after the earthquake, tsunami, and nuclear disaster wreaked devastation on them.

「どんどこどん」:この映画は、数々の受賞歴のある和太鼓の団体である、山木屋太鼓クラブのドキュメンタリー映画です。山木屋太鼓クラブは山木屋市内の、10歳以下の子供や10代の学生そして20歳の青年から構成されています。メンバーたちは地震・津波そして福島原発事故の影響で、今現在もなお実家や親しんだ地元から避難を余儀なくされている状況にあります。

Living as refugees and scattered around the countryside outside and within the radiation zone, the brave Taiko troop struggles to stay together and practice; trying to keep alive the spirit of their community - and the hope of returning home one day. And then, after facing daily adversity and at their lowest point, they get invited to Washington D.C. to be the honored performer in D.C.'s 100th Cherry Blossom Festival; headlining a climatic performance at the Kennedy Center!

それぞれの地域で避難生活を送っているにも関わらず、いつか実家のある地元故郷に帰ることを願い、山木屋太鼓クラブは離れ離れにならないように共に集まり太鼓クラブの精神を盛り上げて一生懸命活動しています。逆境に立ち向かう中、山木屋太鼓クラブはワシントンD.C.の桜祭百周年記念の演奏者として招待され、ケネディーセンターでは最高の演奏を行いました。

Rehearsal in Yamakiya
Rehearsal in Yamakiya

For more than a decade The Yamakiya Taiko Club has been entertaining and dazzling audiences across Japan.  They have performed at competitions, festivals, and special engagements with their skilled and strong sound. Their unique sound embodies the mountainous spirit of their intimate community.

山木屋太鼓クラブは日本全国に及び十年以上の活動歴があり、太鼓大会や祭事で力強く山木屋太鼓を叩いてきました。その独特の太鼓音は彼らの故郷の山のように響き渡ります。

Hailing from the Yamakiya District of Kawamata Town in Fukushima, Japan, the team is comprised entirely of students from elementary through high school.  After school, the students practice for many hours each week, knowing that just as time yields the steady growth of the rice field, hard work will eventually reap its own rewards.  Since 2003, the Yamakiya Taiko Club has won many awards, most notably 1st Place in the Japan Taiko Junior Competition and the 9th Annual All Japan Creative Taiko Competition.

山木屋太鼓クラブは、ほとんどが小学生から高校生からなるチームで日本の福島県川俣町山木屋地区から集まった子供たちです。みんな放課後に集まって毎週数時間練習しています。ゆっくり時間をかけて実った力強い稲穂のように、彼らのハードな練習は必ずや実を結ぶでしょう。この山木屋太鼓クラブは2003年に日本太鼓ジュニア大会や全日本創作太鼓フェスティバルなど数多くの大会で優勝する実績をあげています。

On March 11, 2011 when the earthquake and tsunami hit Japan, the Yamakiya District was unfortunately affected by radiation from the fallout of the Dai-ichi nuclear plant.  In May of 2011, the Yamakiya District of Kawamata Town, was evacuated due to high levels of radiation.  All the residents, including the students of the Yamakiya Taiko Club moved from their homes. Many moved to Kawamata Town or Fukushima City, which had lower levels of radiation.  All of the students had to quickly adjust to new environments and schools. The town of Kawamata has permanently closed the elementary and jr. high schools in Yamakiya.

2011年3月11日、日本を地震と津波が襲いました。その時不幸にも山木屋地区は第一原発の放射能漏れに晒されてしまいました。2011年5月には川俣町の山木屋地区は放射能汚染により避難を余儀なくされ、山木屋太鼓クラブの学生たちを含む全住民が地元から放射能の被害が少ない川俣市の別の地区や福島市へ移動しました。多くの学生たちは新しい環境や学校に馴染みましたが、川俣町は山木屋地区の小中学校を永遠に閉校としました。

It is unclear if and when they will be able to return home.  Despite the circumstances and against the odds, the Yamakiya Taiko Club is still together.  This group of young people is still performing their style of taiko to show that they are resilient.

子供たちが実家のある地元に戻れるのかどうか、それはいつのことになるのかまだはっきりしていません。このような状況下においても、山木屋太鼓クラブ共に集まりみんなで頑張っています。グループの若い子たちは僕らは元気だ、大丈夫だと言わんばかりに太鼓を叩き続けています。

Yamakiya at T.E.D. Conference, Tohoku
Yamakiya at T.E.D. Conference, Tohoku

Over the past six years, we have shot more than 100 hours of footage.  We have about 75% of what we need to tell this story.  We are raising funds to: 

  • Travel and conduct interviews in Japan
  • Build a website for project
  • Buy hard drives to store the footage
  • Begin the editing process
  • Create a short anime project about history of Taiko

We will be conducting interviews this summer with members of the Yamakiya Taiko Club and their families.  These stylizes interviews will document their thoughts and reflections of life before, during, and after the tragic events of March 11, 2011. 

We are also looking to interview the Asano Drum Company to get a better sense of the history of taiko. Asano is one of the oldest taiko drum companies in the world.

We also want to create a short Japanimation showing the history of Taiko in Japan.

過去6年間、我々は100時間以上に及ぶ映像を撮影し続けてきました。目標に対して約75%ほど撮り終えました。我々は以下にかかる資金を集めています。

  • 日本への渡航費及びインタビューにかかる経費
  • プロジェクト用のウェブサイトの立ち上げ
  • フィルム動画保存用のハードディスクドライブの購入費
  • 編集作業を開始するための費用
  • 太鼓の歴史についてのアニメショートフィルムの作成

 我々は今夏に山木屋太鼓クラブとその家族の方々にインタビューをする予定です。2011年3月11日の悲劇の間、及びその前後で彼らが生活の中で何を考えどう感じたかを記録する形でインタビューを行います。また我々は、世界において歴史のある太鼓会社の一つである浅野太鼓楽器店にもインタビューを行い、太鼓の歴史をより深く追求しようと考えています。そして、日本における太鼓の歴史をまとめたショートジャパニメーション(日本アニメ)を制作しようとも企画しています。

Yamakiya Taiko Club
Yamakiya Taiko Club

In April 2012, the Yamakiya Taiko Club was invited to the United States for the first time as part of the US Japan Council's TOMODACHI Initiative, sponsored by the Japan America Society of Washington, DC.  Organized by two for Kawamata English teachers, Michelle Spezzacatena and Darryl Wharton-Rigby, the group spent 10 whirlwind days between Baltimore and Washington, DC.

The group participated in home stays with students at the St. Paul's School and St. Paul's School for Girls, visited the National Aquarium, toured Camden Yards and watched an Orioles game, toured the Capitol and Library of Congress, and performed.

2012年4月、ワシントンDC日米協会(JASWDC)の支援により、米国政府及び米日カウンシルのTOMODACHIの一環として、初めてアメリカに招待されました。川俣町の元英語教師であるミシェルとダリルの二人の引率により、山木屋太鼓クラブのメンバーはあっという間の10日間をボルチモアとワシントンDCで過ごしました。

彼らは、ボルチモアではセイント・ポールスクール高校、セイント・ポール女子高の学生の家でホームステイをしたり、ナショナル水族館を見たり、カムデン球場の見学やオリオールズ戦の観戦をしました。ワシントンDCでは国会議事堂やアメリカ議会図書館を見学しました。またボルチモアとワシントンDCの各地で太鼓の演奏を披露しました。

Performance in Winter
Performance in Winter

This is an all or nothing campaign.  If we do not make our goal of $15,000, this project will be stalled.  Every dollar and yen counts.  If you cannot make a pledge at this time, please help us spread the word and forward to a few people you know how might. 

 これはイエスかノーのどちらかしかないキャンペーンです。我々の目標である$15,000(約120万円)に到達しなかった場合、このプロジェクトは無しとなります。金額の大小は関係ありません。皆様一人ひとりの寄付がとても重要です。もし今回寄付ができなかったとしても、どうかお友達や知り合いの方にこの話を伝えて下さい。どうぞ宜しく御願い致します。

  Rewards 賞(贈り物)

Wristband design (Concept)
Wristband design (Concept)
Yamakiya Taiko Chopsticks
Yamakiya Taiko Chopsticks
Yamakiya Taiko Keychain with logo
Yamakiya Taiko Keychain with logo
Yamakiya Taiko Club T-shirt (concept)
Yamakiya Taiko Club T-shirt (concept)
Yamakiya Taiko Club logo (concept for limited edition print)
Yamakiya Taiko Club logo (concept for limited edition print)


Logo on TOMODACHI T-shirt
Logo on TOMODACHI T-shirt
Yamakiya
Yamakiya

Artist Karen Y. Buster

カレン・Y・バスター(芸術家)

Karen Y. Buster, native Baltimorean, received her Bachelor of Arts Degree from Dillard University in New Orleans, Louisiana in 1981. She is a graphic artist who’s unusual style of hand cutting originated while silkscreening for Bustertizin' Designs. During the ten years Karen resided in Louisiana, she developed her own “style of flavor” within her work. Karen has become a skilled artist who has mastered a unique cutting technique using an X-acto Knife.  Karen’s work has been received by such celebrities such as Queen Latifa, Denzel Washington, Cheryl Lee Ralph, Toni Braxton, Jada Pinkett, Charles “Roc” Dutton and a host of others. Both the Beverly Hills and Philadelphia Chamber of Commerce have adorned their walls with her work.

カレンはボルチモア生まれ、1981年にルイジアナ州のニューオーリンズ市にあるディラード大学で芸術学士号を取得しました。彼女はグラフィックアーティストで、手彫技法とシルクスクリーン捺染法を得意としてます。10年間ルイジアナにいる間、彼女は独自のスタイルである「フレーバースタイル」を発展させました。カレンはX-actoナイフを使った独自のカッティング技法を習得し熟練したアーティストになりました。カレンの作品はクィーン・ラティファ、デンゼル・ワシントン、シェリル・リー・ラルフなどの有名人により受け入れられるようになりました。彼女の作品が、ビバリーヒルズとフィラデルフィアの商工会議所の壁に描かれています。

Yamakiya Taiko Club Performance
Yamakiya Taiko Club Performance

映画製作者

Darryl Wharton-Rigby (Writer, Director, Producer)

ダリル・ワートン-リグビィ(作家、ディレクター、プロデューサー)


From 2005 - 2007 Darryl worked as a Assistant Language Teacher (ALT) for the JET Programme in Kawamata Town in Fukushima, Japan.  While there he joined the Yamakiya Taiko Club. He had the joy of performing with the group a couple of times, then broke his finger playing a game of dodgeball.  Still wanting to attend practices, Darryl pulled out his camera and began to shoot the group's rehearsals and performances.  Soon his was shooting the students at school and during school festivals.  Over the past six years, he has shot more than 100 hours of  footage for the documentary.  

2005年から2007年まで福島県川俣町でJETプログラムのALTとして従事しました。その間、彼は山木屋太鼓クラブに参加して、メンバーと何度か一緒に演奏したり、ドッジボールで突き指をしてしまったりと、とても楽しい日々を過ごしました。そのうち彼は自分の録画カメラで山木屋太鼓クラブのリハーサルやステージパフォーマンスを記録することを始めました。またそれは学校や学園祭での学生たちの姿の記録にも及びました。それらは6年間で100時間以上にも及ぶドキュメンタリー映像になりました。

Darryl, whose wife and children also live in Fukushima, was directly affected by the Great Quake.  While most foreigners were leaving Japan, he went there to be with his family.  For a short while, they too evacuated away from Fukushima to escape radiation from the failed nuclear plant.

ダリルには福島に住む奥さんと子供たちという家族がいます。その家族は東北大地震で被害を直接受けました。震災後ほとんどの外国人が日本を去る中、彼は日本に行き家族と常に共にいました。少しの間でしたが、放射能被害から家族を守るため福島から避難していました。

About a month after returning to the Darryl learned that the community of Yamakiya was being evacuated.  He and his senpai, Michelle Spezzacatena, partnered with the Japan America Society of Washington, DC and wrote a proposal to procure funds to bring the Yamakiya Taiko Club to the United States for the National Cherry Blossom Festival in Washington, DC.  The project was funded by the U.S. Japan Council's TOMODACHI Initiative.

日本の家族の元に戻って一ヶ月後、ダリルは山木屋太鼓クラブが避難を余儀なくされている状況を知りました。ダリルとその先輩であるミシェルはワシントンDC日米協会(JASWDC)と共に、毎年ワシントンDCで行われる国民的行事である桜祭に招待するための資金を得るための企画案を書きました。そしてその結果、このプロジェクトは米日カウンシルのTOMODACHIによって支援されました。

Michael Gozzard (Producer)

マイケル・ゴザード(プロデューサー)

Michael Gozzard wrote the screenplay for Lionsgate Studios’ feature film PRIDE, staring Oscar nominated actor Terrence Howard (CRASH, IRON MAN) and the late Emmy winning actor Bernie Mac (OCEANS ELEVEN, MR. 3000).  Mr. Gozzard also discovered, developed and co-produced the Dimension Films / Liddell Entertainment horror / thriller franchise THE COLLECTOR which was released theatrically in 2009.  The 3-D sequel THE COLLECTION will be released this Fall, 2012.

ライオンズゲート製作・配給の映画「PRIDE」の脚本を手掛ける。主演はテレンス・ハワード(「ハッスル&フロー」でオスカー主演男優賞ノミネート。「クラッシュ」、「アイアンマン」出演)と、バーニー・マック(エミー賞受賞、「オーシャンズ11」出演)。2009年に劇場公開されたホラー映画「THE COLLECTOR」では、共同プロデューサーとしてストーリー発掘・企画に貢献。2012年秋には3Dで続編「THE COLLECTION」も公開される。

Mr. Gozzard is currently producing the documentary, “Fair Trade, USA”, as well as writing a bio-pic about Charlie Chaplin and his travels in Japan through his own production company, Pennlyn Productions (www.pennlyn.com).  Mr. Gozzard is also an Adjunct Professor in film & TV writing / producing at Arcadia University in Philadelphia.

現在、自身がCEOを勤める会社Pennlyn Productionsで、フェアトレードUSAに関するドキュメンタリーを製作中。名優チャーリー・チャップリンの日本での経験を描いた映画の脚本も執筆中である。さらに、ペンシルバニア州フィラデルフィアにあるアルカディア大学で、非常勤講師として映画・テレビの脚本制作も指導している。

Before becoming a fulltime writer / producer, Mr. Gozzard was Vice President of Development for Fortress Features, as well as Story Editor for Oscar-winning actor Morgan Freeman's production company, Revelations Entertainment (THE SHAWSHANK REDEMPTION).  Mr. Gozzard has also lived and worked in Japan for almost 3 years as an English teacher and is currently in pre-production on his film SENSEI, which was inspired by his experiences living and teaching in Japan.

ハリウッド映画界でのキャリアは長く、過去には、「ショーシャンクの空に」を手がけた名優モーガン・フリーマンの製作会社Revelations Entertainmentでストーリー・エディターとして活躍。その後、映画製作会社Fortress Featuresの副社長を務める。英語講師として日本で3年間暮らしたことがあり、その経験を基にした映画「SENSEI」の製作準備が進んでいる。

Mr. Gozzard currently resides in Los Angeles, CA and is a member in good standing of the Writers Guild of America (WGA).

現在、カリフォルニア州ロサンゼルス在住。全米脚本家組合(WGA)の会員でもある。

Kevin A. Perkins (Producer)

ケビン A. パーキンス (プロデューサー)

Kevin Perkins
Kevin Perkins

Publicist/Promoter turned producer, writer and director, Kevin A. Perkins hails from a small farm in the Midwest and now hangs his hat in the Near East.  Baltimore, that is.

広報・プロモーターからプロデューサー、作家、ディレクターまでこなす、ケビン A.パーキンスはアメリカ中西部の農家出身で現在東海岸のボルチモア在住。

A twenty-year veteran of the publicity/promotions game, Kevin handled the Paramount, 20th Century Fox, Miramax, Lionsgate and Warner Bros. accounts (and many more) for Allied Integrated Marketing, Baltimore.

ケビンは20年以上のPRでパラマウント、FOX、ミラマックス、ライオンズ・ゲート、ワーナー・ブラザーズを含むたくさんの企業をボルチモアのアライド・インテグレイティド・マーケッティング社で扱ってきました。

So ... tired of promoting other people's films, he set out on a quest ... to make and promote his OWN  films! He founded the production company LIZARDMARK in 2010, and his journey began.

色々な人の映画のPR後、彼は自身の映画を制作しPRすることに挑戦しました。リザードマーク社と2010年に出会い、彼は新たな道のりを歩み始めました。

In the early summer of 2010, his new production company started work on their magnum opus, MY BORING ZOMBIE APOCALYPSE, a zombie short film -- with an ironic twist.  His first commercial (set within the world of his film), BILLY BOB'S MEDICINE SHOW AND ZOMBIE HUNTIN' EMPORIUM won first place in the Best of the Silver Scream Film Festival. 

2010年初夏、彼の新たなプロダクション会社はその最高傑作である「MY BORING ZOMBIE APOCALYPSE(私の退屈なゾンビ黙示録)」という皮肉に富んだショートフィルム制作を開始。彼の最初のコマーシャル「BILLY BOB'S MEDICINE SHOW AND ZOMBIE HUNTIN' EMPORIUM(ビリーボブの薬売りとゾンビ狩り市場)」はシルバースクリーム映画祭で1位を獲得しました。

MY BORING ZOMBIE APOCALYPSE from day one was a media magnet, and was featured on NPR (nationally), the nationally-televised show ACE OF CAKES, and numerous websites such as Ain't It Cool.com and JoBlo.com.

映画「MY BORING ZOMBIE APOCALYPSE(私の退屈なゾンビ黙示録)」は初日からメディアの注目を惹き、NPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)やACE OF CAKEのTV番組で取り上げられ、Ain't It Cool.comJoBlo.comなど多くのウェブサイトに掲載されました。

Now, nearing completion on MY BORING ZOMBIE APOCALYPSE (MBZA, for short) in the summer of 2012, he came onboard to produce Don Doko Don with his long-time friend Darryl Wharton-Rigby.

映画「MY BORING ZOMBIE APOCALYPSE(私の退屈なゾンビ黙示録)」収録完了間近の2012年に、ケビンは長年の友人でもあるダリル・ワートン-リグビィと一緒に映画「どんどこどん」のボードメンバーとなり制作を開始しました。

Apart from filmmaking, his production company Lizardmark now also offers publicity and promotions to businesses looking for a creative advantage in a world of constant media noise.  He also devotes time to his innumerable writing projects, wife, two kids, three dogs and two cats, as well as being the PR chair for several charity organizations.

ケビンの制作会社リザードマーク社は映画製作に加えて、媒体ノイズの業界で創作的利点を活かすビジネスのPRも手掛けています。また幾つかのチャリティー団体のPRとして指揮や多くの執筆プロジェクトをこなしながらも、彼は妻と二人の子供と三匹の犬そして二匹の猫といつも一緒に時間を過ごしています。

Yamakiya Taiko Club Rehearsal at St. Paul School
Yamakiya Taiko Club Rehearsal at St. Paul School

Please help us spread the word!!!

Please like our Facebook page:

facebook.com/YamakiyaTaikoMovie

Follow us on Twitter: @DonDokoDonDoc

Taiko Durms rest
Taiko Durms rest

FAQ

Have a question? If the info above doesn't help, you can ask the project creator directly.

Ask a question
199
Backers
$17,067
pledged of $15,000 goal
0
seconds to go
  • Pledge $5 or more
    You selected

    21 backers

    Your name listed on the website (to be constructed) and in the film credits under THANK YOU! 5ドル以上 ウェブサイト(準備中)と映画のクレジットで「THANK YOU」の下に名前をクレジット

    Estimated delivery:
  • Pledge $10 or more
    You selected

    13 backers

    Your name listed on the website under THANK YOU! + An exclusive high res digital photo of the YamakiyaTaiko Club pick especially for you via email. Some will be from performances, others from behind the scenes (Den Den Daiko Package) 10ドル以上(でんでん太鼓セット) 内容:ウェブサイト(準備中)と映画のクレジットで「THANK YOU」の下に名前をクレジット+山木屋太鼓クラブのパフォーマンスのものや舞台裏の高画質写真をメールでお送り致します。

    Estimated delivery:
  • Pledge $25 or more
    You selected

    71 backers

    Den Den Daiko Package + A Yamakiya Taiko Club wristband+DVD of the final film 25ドル以上 でんでん太鼓セット+山木屋太鼓クラブのリストバンド1個+映画のDVD

    Estimated delivery:
  • Pledge $50 or more
    You selected

    24 backers

    Den Den Daiko Package + A Yamakiya Taiko Club wristband + A DVD of the final film + Digital download of a Yamakiya Taiko Song (Shime Daiko Package) 50ドル以上(締太鼓セット) でんでん太鼓セット+山木屋太鼓クラブのリストバンド+映画のDVD+山木屋太鼓曲のデジタル·ダウンロード

    Estimated delivery:
  • Pledge $75 or more
    You selected

    0 backers

    Shime Daiko Package + Yamakiya Thank You Chopsticks 75ドル以上 締太鼓セット+山木屋太鼓クラブのお箸1セット

    Estimated delivery:
  • Pledge $100 or more
    You selected

    30 backers

    Shime Daiko Package + Your name listed on the final film credits under THANK YOU + Yamakiya Thank You Chopsticks + Yamakiya Taiko Keyring (This key ring was specially created for the group’s first trip to the United States) + A Yamakiya Taiko Club T-Shirt (designed by artist Karen Y. Buster) (Taru Daiko Package) 100ドル以上(樽太鼓セット) 締太鼓セット+山北太鼓クラブのお箸1セット+山木屋太鼓のキーホルダー(このキーホルダーは山木屋太鼓クラブがアメリカ招待用に作られたものです)+山木屋太鼓クラブTシャツ1枚(カレンYバスターによるデザイン)。映画の「THANK YOU」の下に名前をクレジット。

    Estimated delivery:
  • Pledge $150 or more
    You selected

    3 backers Limited (7 left of 10)

    Taru Daiko Package + A Yamakiya Taiko music CD + TOMODACHI T-Shirt (Shirts donated by US Japan Council for TOMODACHI Initiative, which helped bring the Yamakiya Taiko Club to the USA) 150ドル以上 先着10名様。 樽太鼓セット+山木屋太鼓クラブ音楽CD+TOMODACHI Tシャツ1枚*。 *このTOMODACHI Tシャツは、米日カウンシルによって寄付されました。米日カウンシルは山木屋太鼓クラブをアメリカに招待してくれた機関の一つです。

    Estimated delivery:
  • Pledge $200 or more
    You selected

    1 backer

    Taru Daiko Package + A Yamakiya Taiko music CD 200ドル以上 樽太鼓セット+山木屋太鼓クラブ音楽CD

    Estimated delivery:
  • Pledge $250 or more
    You selected

    2 backers

    Taru Daiko Package + A Yamakiya Taiko music CD + DVD of a Yamakiya Taiko Club Performance (Miya Daiko Package) 250ドル以上(宮太鼓セット) 樽太鼓セット+山木屋太鼓クラブ音楽CD+山木屋太鼓クラブのパフォーマンスDVD

    Estimated delivery:
  • Pledge $500 or more
    You selected

    4 backers

    Your name listed on the website and final film credits under SPECIAL THANK YOU + DVD of Final Film + A Yamakiya Taiko Keyring + DVD of Yamakiya Taiko Club Performance + Yamakiya Taiko music CD + a Yamakiya Taiko Club T-Shirt (designed by artist Karen Y. Buster) (Odaiko Package) 500ドル以上(大太鼓セット) ウェブサイトと映画のクレジットの「SPECIAL THANK YOU」の下に名前を載せさせて頂きます。映画DVD、山木屋太鼓クラブのキーホルダー、山木屋太鼓クラブのパフォーマンスDVD、山木屋太鼓クラブの音楽CD、山木屋太鼓Tシャツ1枚(カレンYバスターによるデザイン)

    Estimated delivery:
  • Pledge $1,000 or more
    You selected

    1 backer

    Odaiko Package + TOMODACHI T-shirt + Signed Limited Edition Yamakiya Taiko Logo Print (Designed by artist Karen Y. Buster) 1,000ドル以上 大太鼓セット+TOMODACHI Tシャツ1枚+山木屋太鼓クラブのロゴプリント(カレンYバスターによるデザイン)

    Estimated delivery:
  • Pledge $1,500 or more
    You selected

    0 backers

    Odaiko Package + Signed Limited Edition Yamakiya Taiko Logo Print (Designed by artist Karen Y. Buster) + Associate Producer Credit at End of the Film 1500ドル以上 大太鼓セット+山木屋太鼓クラブのロゴプリント(カレンYバスターによるデザイン)+準プロデューサーとしての映画の最後にクレジット

    Estimated delivery:
  • Pledge $2,000 or more
    You selected

    0 backers

    Odaiko Package + TOMODACHI T-Shirts + Signed Limited Edition Yamakiya Taiko Logo Print (Designed by artist Karen Y. Buster) + 2 V.I.P. tickets to a screening in Los Angeles, Baltimore, Washington DC, New York or Tokyo (travel and accommodation not included). Associate Producer Credit at beginning of the film 2,000ドル以上 大太鼓セット+TOMODACHI Tシャツ1枚+山木屋太鼓クラブのロゴプリント(カレンYバスターによるデザイン)+VIPチケット2枚(ロサンゼルス、ボルチモア、ワシントンDC、ニューヨークまたは東京いずれかの映画鑑賞券、渡航費宿泊費は含みません)。準プロデューサーとして映画の最初にクレジット

    Estimated delivery:
  • Pledge $2,500 or more
    You selected

    0 backers Limited (4 left of 4)

    Odaiko Package + 2 TOMODACHI T-Shirts + Signed Limited Edition Yamakiya Taiko Logo Print (Designed by artist Karen Y. Buster) + 2 V.I.P. tickets to a screening in Los Angeles, Baltimore, Washington DC, New York or Tokyo (travel and accommodation not included). Co-Producer credit at the end of the film. 2,500ドル以上 大太鼓セット+TOMODACHI Tシャツ2枚+山木屋太鼓クラブのロゴプリント(カレンYバスターによるデザイン)、VIPチケット2枚(ロサンゼルス、ボルチモア、ワシントンDC、ニューヨークまたは東京いずれかの映画鑑賞券、渡航費宿泊費は含みません)、共同プロデューサーとして映画の最後にクレジット

    Estimated delivery:
  • Pledge $5,000 or more
    You selected

    1 backer Limited (1 left of 2)

    Odaiko Package, 2 TOMODACHI T-Shirts + Signed Limited Edition Yamakiya Taiko Logo Print (Designed by artist Karen Y. Buster) + 4 V.I.P. tickets to a screening in Los Angeles, Baltimore, Washington DC, New York or Tokyo (travel and accommodation not included).Executive Producer credit at the beginning of the film. 5,000ドル以上 先着2名様 大太鼓セット、TOMODACHI Tシャツ2枚、山木屋太鼓クラブのロゴプリント(カレンYバスターによるデザイン)、VIPチケット4枚(ロサンゼルス、ボルチモア、ワシントンDC、ニューヨークまたは東京いずれかの映画鑑賞券、渡航費宿泊費は含みません)、制作責任者として映画の最初に名前をクレジット。

    Estimated delivery:
Funding period

- (29 days)