Celebrating 10,000 Funded Games Projects

Inside the Kickstarter Games Castle at PAX East this month.
Inside the Kickstarter Games Castle at PAX East this month.

The day after Kickstarter launched in 2009, Eric Berlin launched Kickstarter’s very first Games project, offering to make nine interconnected crossword puzzles. "I'd love to see this work, if only to prove that puzzlemakers can connect directly with an audience that loves great puzzles," he wrote. He found his proof — in the form of 163 backers.

Since then, Games creators and backers have connected over and over again. In fact, we just topped a nice round milestone: 10,000 Games projects have been successfully funded on Kickstarter.

How did this happen? Well, it's all about people: 2.46 million of them have backed a Games project, pledging a total of $613 million. And 1.45 million of those supporters have backed more than one. Those are the backers we talk about when we talk about our Games community: the ones who return to Kickstarter again and again to discover and support new ideas. 

Read more

A Better View of the Future

When the National Endowment for the Arts was formed in 1965, Congress called on society to support “cultural activity in order to achieve a better understanding of the past, a better analysis of the present, and a better view of the future.” Today, as news breaks that the National Endowment for the Arts faces elimination, that better view of the future just dimmed.

Read more

Finding a Way Forward on Kickstarter: BeeLine

 project video thumbnail
Replay with sound
Play with
sound
  • Off
    • English

Thomas Edison famously observed, "Genius is one percent inspiration, ninety-nine percent perspiration."  Sometimes, perspiration is even the genesis of that inspiration.

In 2014 a sweaty Mark Jenner arrived late to meet his friend Tom Putnam after getting lost cycling through the circuitous streets of London, England. He was hot, frustrated, and determined to figure out a better approach to bike navigation. This led the two of them to go to work on BeeLine, a handlebar-mounted gadget that eschews traditional turn-by-turn directions in favor of a simple, compass-like arrow that points to a destination, giving riders the freedom to explore and set their own routes.

Now that BeeLine is out in the world and garnering rave reviews from the likes of Wired, the Guardian, and Engadget, we asked Tom and Mark to reflect on their journey and the many people who helped them along the way. There were engineers and designers who refined their initial prototypes into a functional, beautiful device; production partners who guided them through their first manufacturing experience; and more than 3,000 backers who supported their Kickstarter campaign, providing the financial resources and collective vote of confidence they needed to move forward. 

"We made some good human connections with the backers," Mark notes. They even hired their current CTO, Chet, after first meeting him as a backer of the campaign. (Chet's job is just one of an estimated 29,600 new full-time creative careers Kickstarter projects have created, according to a report last year from the University of Pennsylvania.)

Check out the video above to learn more about how these two friends found their way to success with a clever idea, some hard work, and a lot of helping hands.

Do you live to ride? Explore more creative bike projects or start your own.

See what BeeLine's up to now.

Best Practices for Translating your Project Page

One part of running a Kickstarter campaign is figuring out how to reach the people that will be interested in supporting your idea. This usually involves sharing a compelling story around what you’re making and figuring out how you’ll reach out to people about your project. But it’s important that your project page is inclusive of the community that you’re trying to reach and available in their language. Here are some tips for translating your project page and adding subtitles and captions to your project video. You can also read it in French, German, Spanish, or Japanese.

Read more

プロジェクトページの翻訳に役立つアドバイス

プロジェクトを運営する上で必ず考えなければいけないのは、アイディアをサポートしてくれそうな人に、どのようにリーチするかということです。製作中のものについて、より魅力的にみえるように語り、プロジェクトを広く知らせていくのは基本ですが、より大きなコミュニティに向けて発信していくためには、特にリーチしたいターゲット層の言語に対応していくことも重要です。

そこで、プロジェクトページの翻訳、字幕やキャプションを動画に追加する方法について、いくつかのアドバイスをまとめました。この記事は、英語フランス語ドイツ語スペイン語でも読むことができます。

コミュニティを把握し、ターゲット層を拡大するための翻訳

  • まずは、既存のコミュニティを念頭に置きながら、プロジェクトページを作成しましょう。例えば、スペイン語圏の人から反響が大きく、応援してくれる人が多いとすでに把握している場合、プロジェクト説明欄にスペイン語の翻訳を含め、スペイン語でビデオを撮影してみましょう。
  • 英語の翻訳や字幕は、より多くの人にアピールすることができます。Kickstarter のバッカーの75%以上が、英語を母国語としています。
  • 字幕とキャプション機能を使用して、プロジェクト動画に字幕トラックを追加しましょう。この機能は、プロジェクト説明欄とアップデートに掲載可能なすべての動画に使用できます。
  • プロジェクトページを翻訳するために、ネイティブスピーカーや、プロの翻訳者、翻訳サービス等に依頼しましょう。例えば、Kickstarter は Angela BenoitAnja FulleSandy Jonesといった翻訳者に協力を仰いだり、OneHourTranslation というサービスを利用しています。
  • どのような翻訳サービスに依頼するにしても、最後は必ず、ネイティブスピーカーに翻訳内容をチェックしてもらいましょう。誤訳や不明確な翻訳は、バッカーになり得る人の混乱を招きます。また、せっかくプロジェクト内容自体が素晴らしく、Kickstarter の Projects We Love に相応しいものでも、翻訳クオリティによってはピックアップしづらくなってしまいます。

複数の言語に対応したプロジェクト説明のレイアウト

  • 文章を見やすくするために、このプロジェクトのようにイタリック体で変化をつけたり、セクションごとにヘッダーを導入するようにしましょう。
  • 複数の言語を含む様々なレイアウトを試してみましょう。このプロジェクトは、左に英語、右にドイツ語を並列させています。
  • 異なる言語の FAQ を掲載する場合、あるいはプロジェクト説明やリワード概要の翻訳を後から追加したい場合は、プロジェクトアップデートを利用することもできます。
  • 中には、プロジェクトページの翻訳を原文と分けて読みやすくするため、別のウェブサイトを用意するクリエイターもいます。ただ、この方法はバッカーを Kickstarter 外のウェブサイトに誘導することになるので、バッカーが混乱しないよう、注意を払いましょう。

プロジェクトタイトルはシンプルで、検索しやすいものに

  • 検索で簡単に見つかるように、関連する全てのキーワードが、タイトルやプロジェクト概要の中に含まれていることを確認してください。
  • プロジェクトタイトルは、主要なターゲット層に向けた言語で記載しましょう。
  • Kickstarter の検索機能では、アルファベットのアクセント記号に関係なく、柔軟に検索できます。

プロジェクトのユニークでおもしろい部分にフォーカス

  • もし、プロジェクトページを全て翻訳できない場合、基本的な説明に焦点をあてましょう。バッカーが知りたいのは、アイディアの背景にある、誰が、何を、いつ、どこで、そしてなぜ作るのかという部分です。
  • 目を引く画像、動画、サウンドクリップ、GIF などを取り入れましょう。最も人の注目を集め、また様々な言語を話すターゲット層に共通して魅力的に映るコンテンツを意識しながらページを作成してください。
  • プロジェクトレビューを友人等にシェアして、全文に目を通してもらい、文法ミスや誤字脱字がないかを確認してもらいましょう。

※ 現在、Kickstarter は、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、日本語に対応しています。上記以外の言語をプロジェクトページに使用する場合は、必ず英語の翻訳を添えてください。

Southern Charm: 11 Kickstarter-funded Films to Play SXSW 2017

Update: We’re thrilled to congratulate director and screenwriter Peter Vack on winning the Adam Yauch Hörnblowér Award at the SXSW Film Festival. The award honors a filmmaker "whose work strives to be wholly its own, without regard for norms or desire to conform.” Learn more about the film below.

Starting this weekend, eleven Kickstarter-funded films are set to play SXSW 2017. More than 23,000 backers pledged more than $1.6 million to help bring these film projects to life — not counting the one that’s currently live!

Read more